RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

5月~7月絵まとめ 2011

2011.07.31 Sun
ていうか5月はありません。


↑new  old↓


急に擬カビ漫画
7月22日の記事、またはピクシブの.【でかい】突発的に擬カビ悪役漫画【中二】















7月2日の記事







スポンサーサイト
Category:絵まとめ(2011~) | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

パポタやってた

2011.07.31 Sun
パポタ-空飛ぶ魔導店-
をやってたらウラシマでござるの巻(おかしいなあ…計画が大幅に遅れているぜ)

火山が実装されたと聞いたので、じゃあ久々にニューゲームで始めるかー、と。

ガンデス火山の曲いいな本当に
火山だからちょっと暑苦しい曲が来るかと思ったら、さわやかに熱い曲だった。
かっこいい。素敵。
 
 

あと、しばらく見ない間に魔法石の種類が大幅に増えててびっくりした。

ていうかバブルは初期攻撃力高すぎるよね。1000て。桁間違ってませんか。
防御力が高い相手と戦うときはお世話になりました。
威力高いといえばブレイドってこんなに高威力だったっけ?

テレポ面白そうなんだけど相当強化しないといけないみたいなんだよなー
あああケティさんの店の物価がまたインフレしちゃう!
壁抜けとか誰もが夢見るじゃないですか!(やましい意味でなくアイテム集め的な意味で)
瞬間移動で回避とか憧れるじゃないですか!
(おばけの行進曲のホログラムスフィアとか好きだわ)

あとついさっき入手したばかりだけどフレイム面白い。
判定が細いみたい?だけど当てると爽快。

まだボムは入手してないけど…ていうか火山の依頼ですぐやられる
HPと魔法の射程と威力を伸ばせば勝てるんじゃないかなーという気はしている。
 
 

設置魔法が好きで、特にヘビーが好きなのだけれど、
でも効かない敵がいたり当てにくかったり強化しづらかったりで
射出攻撃(特にフォトンとバブル)に頼らざるを得ない、といった感じ。

飛んだり避けたり当てに行ったりとアクロバティックにアクションを楽しみたい派
相手によってはスパークでハメ殺したりもするけどな!



拍手ありがとうございました!



Category:フリーゲーム | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

テスト終了のお知らせ

2011.07.26 Tue
う”え”~い”

課題はなんとか終わりましたー
ていうか気づいたことを羅列しただけで字数オーバーしてて
まとめる方に時間がかかったというね

これでヨーロッパ分野の単位は足りるたぶん

あああもう寝ようかな(現在20:43)
ていうか最近寝付き悪いし常に眠い
不健康だ



拍手ありがとうございました!

Category:日記 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

そうさ 100%中二 もう貫くしかないさ

2011.07.22 Fri
※擬人化注意
※でかい
※右上から下に向かって読みます。太めの線がページ区切りってことで…

急に擬カビ漫画

右上・中央上:マルク
右 下:カービィ3のダークマター
中 央:ミラクルマター
左中段:ダークマインド
左 下:シャドーカービィ原形

状況:
何らかの理由でダークマター達の元を訪れたマルク。
ちょっと煽りすぎて怒らせてしまう(動きがなさすぎてわかりづらいですが)。
ダークマインドは鏡を通してその様子を覗いていた…。


久々に擬カビサイト巡りしてたら描きたくなった。

が、背景も文脈も画力もないので状況がつかめねー!
どれが何の擬人化かはともかく、漫画に状況説明が必要なんて残念だよねえ



調子に乗ってさらに

マルク:
彼にとって、相手が怒るのは想定内でしたが、攻撃されるとまでは思っていませんでした。
まあ攻撃されても大丈夫だから煽るんだろうけど。


ダークマター(3):
カービィ3のゼロの前座のダークマターさんです。
ここではスーツですが2のダークマターみたいな装束のときもあると思う多分。
ていうか最初はカービィ2のラスボスの方にしようかと思ったんだけどね。
2の方はもっと威厳があるに違いないと思う。


ミラクルマター:
脱いだら目が多い魔法少女。いや脱がないけど。
部下と外部の人物の前では、ゼロツーのことを「様」付けで呼ぶ。が、素では呼び捨て。
ゼロツーは自分と似た境遇だから放っておけないと一方的に思っている。


ダークマインド:
額の眼が鼻のすぐ上から、額の生え際を侵食するまでありそう。ていうかまだデザイン考えてない。
死にかけてバラバラになったゼロの一部分が夢の泉の力で育ったとかそんな設定。
ちなみに鏡を通して見た者の心を読めるという設定(思いつき)。
但し考えるより先に殴れば問題ない。(H.N.)Ellyでぇす!


シャドーカービィ:
このシャドーカービィはナイトメアが送り込んだ幻覚とかいう設定でしたが、
本物のシャドーカービィがこういうこと言っても素敵だよね!



あー後で色塗ったろ

ていうか課題やらなきゃやばい超やばい



Category:擬カビ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

連環、循環

2011.07.15 Fri
ゲド戦記(原作)読むか
…でも5,6巻くらいあるんだっけ

物語は独立してるんだっけか
でもどうせ読むなら全部読みたいよねー

読もうかなーと思った理由は
ジブリ映画の原作という以外にもいくつか理由があるんだけどね
主にユング的な意味で



・円環の理はあんまり円環っぽくない
 ただし円環を断ち切ったわけでもない、円環システムの在りようが変わったのだ

・良き在り方に至るために、代償または暗黒面とかが必要ってのは割と納得するが
 しかし、その法則に囚われすぎれば過剰な犠牲を強いるおそれがある
 生贄もたぶんそう



おやすみー



Category:日記 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

公式サイトオープン!

2011.07.15 Fri
あつめて!カービィの公式サイト きた!!!!


か、かわゆゆゆゆゆゆゆゆゆゆゆゆゆ!!!!!!!
カービィの中でもとくに常軌を逸したかわいさであるぞ!!!!!
もはや暴力の域だぜこれはよォ!?

てかTVCMやってたんだ…一度も見たことなかったよ…

公式サイトのカービィを動かせるのが芸が細かいですな。

ステージとサブゲームについてはまた後日公開とのこと。

発売日に買えないかもしれないけど、オラすごくわくわくしてきたぞ!



拍手ありがとうございました!



Category:カービィ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

お知らせ(2011.6.26)

2011.07.10 Sun
この記事は2週間の間、一番上に表示されるようにしています。



レイアウトを少し変更しました。

変更点は、
・文字を全体的に大きくしました
・リンクの色を変えました
・プロフィールの位置を下げました

スタイルシートをちょっといじったのですが、
レイアウトが崩れてる所等あったら拍手やコメント等で教えてくださると助かります。

あと、月別アーカイブもいいかげん長くなってきたので、
どうにか縮めようかなとも思い始めています。面倒だったらやらない。



「あの花」カテゴリを新設しました。


最終回の感想…長かったからねー…
ピクシブ等見ていると、改めて「終わってしまったんだな」と痛感させられて寂しいです…



Category:日記 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

亡者の幻想

2011.07.02 Sat

ピクシブに脳内設定を書きたくなったという理由で描いたら
その程度にしかならなかった例。


ところで、ピクシブを見てたら、ゼロやゼロツーの擬人化が、
思ってたより女性的なデザインのが意外に多くて驚いた覚えがある。

もしかすると、グレートマザー的なイメージもあったり?いいなそれ。



あたいの脳内設定が火を吹くぜ!(一部ピクシブにも書いたけど)
 
ゼロとゼロツーは同一人物設定で、
ダークマター族を統べる 「王」のような存在。
振る舞いは支配者然としていたが、精神的には未分化、子供っぽい。
二度目のポップスター侵略(カービィ3)で、部下の離反と侵略失敗の挫折を味わうまでは、
「他者から奪う」ことしか考えていなかったし、他の可能性など知りもしなかった。

敗北を喫して後は、彼は深い傷を負い宇宙に逃れた。
しかし傷よりも彼を苦しめたのは、彼の心に湧き出た疑念であった。
それまでは疑いなく信じていられたものが脆くも崩れ去った衝撃と、
取るに足らない理解したくもないと思っていた友情や愛情といったものへの恐怖と、
輝きを持つ星を侵略することに対する躊躇いが生まれ始めていた。

無をばらまく種族の王が、自らに巣くう無に苛まれていたのだ。

みたいな!
逆闇墜ちっぽいですね



でもって、ダークマターの関係者でグレートマザー的なものがあるとすれば、
「彼らの背後にある、途轍もなく広い、宇宙の闇」 だと思っている。
死んだものと、未だ生まれる前のものの領域としての無。

ダークマター族は(例外はあるが)、その「闇」にいつまでも忠実であり続ける。
星々の光を滅ぼして、無=闇に帰し続ける破壊の具現として振る舞う。
(神話に例えると、ティアマトやガイアの生み出した怪物が近いだろうか)
 
そんなことをしなくとも、星の光はいつか必ず、
エントロピーに負けて自然に消えゆく運命にあるのだけれど。

にもかかわらずわざわざ星の光を奪い続けているのは、
きっと彼らが亡者のような存在だから。

戦場の土のように堆積した死穢の集合体とか、エルザマリアの使い魔とか、
そんな感じが近いだろうか。個性はほとんど薄くなってそう。
その集合体は巨大な死神であり、各々の個体は枝葉であり手足。
生き物に憑いてその力を奪い、心を操り破壊へと導く。
 

なぜそうなったのか、はあまり深く考えていませんが
幾らかイレギュラーもいるわけだし
ネガティブ一辺倒以外の可能性も持ち合わせてると思う。

「無としての闇なら、破壊だけでなく何かを生む可能性もあったっていいじゃないか。
 死霊としての闇なら、祀れば神様に転ずる可能性もあったっていいじゃないか。
 プププランドでくらい、みんなが幸せに暮らしたっていいじゃないか!」

…的な感じのポジティブな設定の方が
あきれかえるほど平和なプププランドっぽくてよくね?的な発想ですけどね

まあ安易に平和になってもそれはそれで腹立つんですがね。
困っちゃうぜ!



拍手ありがとうございました!



Category:カービィ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。