RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

闇とジュブナイルと魂の癒し:LUX-PAIN感想

2010.08.31 Tue
借りたゲームクリアしたよー!(6日前の朝に)
もっと早く書こうと思ってたんだけどね…

そんなわけで(謎) 『LUX-PAIN』(NDS)の感想。

といっても、、、周回前提っぽいからクリアとは言いがたいかな^^;
しかし次周したら私のメンタルゲージが持つだろうか…?
すっごく怖かったし…結構長かったし…
誰かが死ぬ、しかも自分が救えなかったせいかもと思うと、怖くて始めづらいです、はい

せめて文章スキップとかログとかが充実してればなー、怖い所も飛ばせるし
あとゲーム的にミステリとしても学園モノとしても中途半端だった感、うーん
でもシナリオは好きです。怖いけど!
思念こわいサスペンスこわい(関係ないけどサスペンスTVドラマにはサスペンス無いよね)

いやまあ、怖かったのは、やめどきがわからず徹夜でやってたせいもあるんですけどね
桐生登場~高野先生(';ω;`)~猫 辺りの展開がすごく不安になって 怖かった

でもEP20に入ってからは普通に燃え展になって安心した
燃えいいなあ!高校生いいなあ!友情いいなあ!
しかしエンディング切ないなあ…!
続編出ないのかな?いかにも続編つくりますっていう感じなのに。



心理要素とオカルトとファンタジーの配分がいい感じです
「虫の感染で心の闇が広がる」というあくまでフィクションな設定ですが
心の闇の内容は割と他人事じゃない感じがします

特に、虚無感とか、どんな美しい記憶も意味をなさなくなるくらいの闇とか
心当たりありまくりですね
あ、今の私は大丈夫ですからね!

あと如月市の妙な一体感が好きです
どうせさいはて町とか大好きですよ。ええ。
町全体が不思議な「場」になっているっていう設定にときめきますね
都市結界とかそういう感じなのかしら。詳しくないけど。
個人はバラバラなのに、無意識か目に見えないエネルギーか何かでつながっていて、
如月という空気を形成していて、爽やかな活気に溢れている
素敵ですよね。流れに毒を入れられたり、流れが歪曲されない限りは。。。



しかし保険医の先生は救えたんだろうな…
接触できたけどΣを使えなかった(それも不自然に)ということは、
もっと前にフラグを立てる必要があったんだろうなorz
唯一埋まらなかったサイレントは彼女に憑いていた奴なんだろう
ギャラリーみたらEP21で出てくるシーンあるみたいだし
しかし、マコさんと高野先生は、死亡後の扱いや周囲への影響を見るに回避不可と見た

あと、アオイ先生の精神力の強さに安心した
こういう話においては、「オカルトを全然信じない常識人の先生」って
空気か無力か主人公の邪魔という先入観があったんですけど
認識を改めなければなりませんね!
といってもアオイ先生も変人といえば変人ですがね(笑)

あとBBSのリアルさに笑ったw



拍手ありがとうございました!

(この記事は日付おかしくなっていたので訂正しました。8/31日の記事です)


スポンサーサイト
Category:その他ジャンル | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

夢と現とあわいのはなし

2010.08.23 Mon
夢に出てきたミイラ父ちゃん

ネサフ中に見つけた漫画で、
「パブリックフォンのようになりたくて、
 電話っぽくなるために、グランネスト星人のようなものに乗って走るミイラ父ちゃん」
が出てきました。

という夢を昨日見たんで、描いてみました。
本当はもっと爆走していた気がします。

行動もさることながら動機がかなり意味不明です。
さすが睡眠中クオリティ。



昨日は友人と本屋をうろうろしたりDVD鑑賞したり漫画読んだり絵描いたりしてました。
(立ち読みで、ではないですよ!)

ありがとうありがとう
今度ゲームしようぜ!



グレホラアナザーも読ませてもらいました。
キャラ違ぇー…のは知ってたけど、画面がかっこよすぎた
買おうかしら

審判小僧の妖怪っぷりとルーレット小僧が素敵だったな

双六で人生を振り返るところ、何か思い出すな~と思ったら
夢喰見聞に出てきた、妄想に浸って子供になったお婆さんの話
あれ思い出しました


それにしても、竹ノ塚さんは「俺はひとりじゃないからね」って言えたのが良かったです
でなければ、高確率でハニワになってしまうと思うんですね
けれども彼は「家族と生活のために働く」だけでなく「家族に愛されている」

救われます



Category:GHS | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

完全に不健康だね!やったあ!(ミイラぼうや風)

2010.08.10 Tue
7月26日にも書いたような状況が続いてましてね
そのくせさっさと寝ようと思うときには、ぼーっとしていたら気づいたら丑三つ時とか

あ~あ健康になりたいなーと思うのですが
そもそも私、パンとお茶とお菓子とアイスと豆腐しか食べてなくね?みたいな感じで
食生活を改めて、あと運動して、あと適度にメリハリつけないとー
って、言うだけなら簡単です。

ハードルを下げて、胃痛を治さないとー
ちゃんと栄養とりたくても食べられるものが限られてしまうからねえ
夜もあまり起きてられないんですよねー

アイス封印フラグですよねこれ
ああ、夏の楽しみが…

っていうか動いてないのに謎の筋肉痛なんですが
なんなのかしら

ゼミ変えたくても今年中は無理だそうで
まあしゃーないね

Category:日記 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

鏡こわい

2010.08.09 Mon
7日の記事、
読み返してみたらいたたまれなくなったところがあったので
一部変更なり修正なりしました

BAROQUEで言うとバロックを正そうとするのもまたバロックなんだっけ
怖いです

しょんぼりしすぎるのもいけないと思いますけど
鏡の大迷宮やミラーマンを見て来ようと思います

Category:日記 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

もうボンサイカブキを呼ぶしかないな

2010.08.07 Sat
【注意!】
またいつもの考察癖というか妄想癖、
というか自分の都合の良いように解釈する癖が発動しています。
濃いです


GHSを見てると、考えようと構えていなくても脳内に浮かんできちゃうんだよなー


「ラストトレインで2手に分かれた道を無視して審判小僧を轢いて前進するシーン」

あれは「選択を先送りにした」もしくは「決断しないことを選択した」ということかな
2択のどちらも選ばないということは、暗に別の選択肢を選んでいるということよね
絶望か安息かという決断を拒否して、迷い続ける選択をした。

あのときグレゴリーは乗客達の終着点を決める決定権があったけど、
だけどそれって、言い換えれば行く末の責任を負っているってことだから
「自分も含めた乗客達がどこに行くべきか判断し損ねた」のかもしれないし、
「責任から逃げたくて2択を拒否した」のかもしれない

「Uターン」とか「90度」っていう手段もあったかもしれないけど
グレゴリーはもうどこまでも逃げるつもりだったんだろう、Uターンの選択は消える。
90度だとただ現状を平行移動しているだけであんまり意味なさそうだな
迷い続けてることには変わりないけど

それと「列車」だったから、審判小僧は轢かれてしまったわけだよね
単にグレゴリー一人の意思だけでなく、
列車に乗っていた動力の魂や乗客たちの大量の迷いも、
審判小僧が問う2拓の決断を拒否する要因だったのかもしれないな



それにしても辿り着いた先があのホテルなのがちょっと悲しいな、という感想
いやまあ、あのホテル意外と楽しそうだなとは思うけどさ
主人公が脱出できないのが悲しい

GHSの登場人物たちは、よほど絶望的な現実を生きていたのか
よほど囚われてしまっていたのか

それとも、脱出して現実で会社に行く生活に戻っても、
魂はホテルに縛られ逃れられないと? ホテルカリフォルニアなの?

だけど、現実逃避をさまよい続けた末に救われた魂も確かにあるんだ
100%の現実を生きているとは言えないかもしれないけれども

まあGHSの話題で、救いを求める話をするのは無粋なのかもしれないけれども



あー、ところで審判の話で東方思い出したわ
カオスを望む人とジャッジする人(人じゃないじゃない)はやっぱり相性よくなさそうね(笑)
東方の場合、えーき様ならどんな迷いの深さも関係ないけどね 閻魔様だからね

白黒つけないグレーゾーンが崩壊して、カオスが崩壊する ってなるわけですな
グレーって…灰色の妖怪だと…!(別の妖怪です)
ああ、ネズミを馬鹿にしてると死ぬよってことね


Category:GHS | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

かえせ

2010.08.06 Fri
探し物は近すぎた

引き裂かれたあたしが
泣いてる 叫んでる


近すぎやしませんか(いろんな意味で)
人間側もうちょっと憂鬱な感じの方が良かったかな



以下
ロストドールについての
妄想


人形の持ち主は 人形に自分自身を見る
その少女はその極端な例だった

彼女にとって 人形だけが友達で
人形はもはや彼女の半分だった

「それじゃあひとりでいるのと変わらない」
少女の親はそれを憂えて人形を捨てた
だけどそれは彼女にとって とても残酷なことだった

それでも人形はいつでも少女と一緒だった
なぜなら人形は彼女の半分だから
たとえ形が捨てられても 魂はもうけっして離れられないのだ

けれど人形はもう戻ってこない
戻ってこない人形を思う少女は
人形は いつでも彼女と一緒にいるのだということに 気づかない



うわーポエムっぽくなっちまったよ(いつものことだが)

んん?割と似たような設定をどっかで見たような
誰かなと思ったら紅い蝶の茜ちゃんかー!

私も二次元に自分を見ているなあ…と思う
あーあ
私の空想とかいろいろかえしてほしいぜ


Category:GHS | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

まさかの

2010.08.05 Thu
ルーレットだよ☆

というわけで、グレゴリーホラーショーから、ルーレット小僧(擬人化)。
もっと不気味にしたかった。
ルーレットこわかわいいよルーレット。そしてLast Trainの彼はかっこよすぎた。

個人的な趣味で服はこういうアレンジにしたけどカクタスガールと被る感。
カクタスって入力したら「核足す」って出てきたんだけど東方地霊殿じゃないのよ。
おくう好きだけど。地霊殿好きだー
あとサイコロが浮遊するのも個人的な趣味。ミラクルマター好きだー



っていうか、もしかして、このブログ初の擬人化絵ですか…?
カービィでもフリゲでもなくGHSって。しかもかなりのショタって。

カービィがメインジャンルにある限り
擬人化メインのブログになる予定は今のところ全くない
(カービィは原型中心で行こうと思っています!)
ので、

擬人化注意が必要だなと思い、でかでかと貼るのはちょっと…とサムネにしたが
擬人化注意用クッションとしてはあまり意味がないような気がする。

かといってアドレスだけとか追記とかだと寂しいけど、やっぱりそっちの方がいいのかな。



一時期は「擬人化も嫌いじゃないけど… ビバ原型だよ!」派だったんですけど
さいきん擬人化意欲が上がりつつあったのと、
GHSのイラストの擬人化率の高さに触発されましてね

っていうか、実は以前、マルク擬人化したことあるんですけど、
カービィキャラの場合、擬人化したら失われるものが大きすぎて
(他のジャンルでもそうだけど、カービィキャラの場合特に)
なかなか自分で納得がいかなかったんです。
他所様のはよく見に行くんですけど、自分で描くのはちょっと抵抗があったんですよ。

というわけで、よほど擬人化熱が上がることがない限り、
ジャンルによっては擬人化ばかりになるかもしれませんが、カービィは原型中心です。
そして擬人化熱は上がってもそのうち下がります。

だって鉄塔は擬人化できないから…!(形状への執着ゆえ なにそれ)



で、話は変わって
グレゴリーホラーショーについてなんですけど
以下割とキモいので追記)

Category:GHS | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

夢か幻覚のようなお店

2010.08.01 Sun
今日は(っていうかこれ書いてるときは日付変わってるけど)
「さいきんグレゴリーホラーショーが好きすぎて生きるのが辛い」
(現実逃避的な意味よりも、そのことばっか考えてるという意味で)
ということを書こうと思ったのですが、


今日は中東文化の見学ということで、先生と友人に料理店に連れてってもらったんですよ
イラン料理・トルコ料理・ウズベキスタン料理のお店だったんですけど
(これだけで知ってる人は知ってそうですね笑)

料理はおいしかったですよ!

その店はあまりにも強烈すぎた
(味が、じゃないですよ!料理はおいしかったです)

のでそのことで一日が終わってしまいそうです(笑)


強調の練習も兼ねて、追記で感想を述べます。

Category:日記 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。