RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

燃え

2010.03.25 Thu
今日、もーれつプププアワー4巻を読んだんだけど

いやー、話には聞いていたが、男らしくてイケメンなマルク…!

最初余裕ぶっこいてたのに途中からマジになっちゃってるのも良いね!
ボロボロで勝負続行とか友情とかも燃えるね!
ツンデレ化してるのも良いね!


あの普段アホなメタナイトもかっこよく…
普段カッコイイひとがかっこいいことしても特に感動はないが
普段アホなのにいざと言うときはかっこいい、には感動すら覚える!

っていうか、もーププ自体がそうかもね。
普段ギャグなのにこんな燃えを持ってくるなんて…マジしびれる!
ゲームの方の、夢の泉のデデデとかもそんな感じよねー。



スポンサーサイト
Category:カービィ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

腐ではない、豆腐だ。豆腐を撃って、ハッピーエンド

2010.03.24 Wed
どうしてこうなった

ああ、そうだそうだ、
別に腐じゃないんだ、設定厨ではあるけど

↓以下設定(高濃度につき注意)



本来ダークマターはポップスターにはいてはならないはずなのだけれど
グーイの場合、後天的に得た カービィの性質 も併せ持っているおかげで
ポップスターで暮らしていける。コピー能力が使えるのもそういうことね

だけど3開始時点ではまだ 「ポップスター住民(仮)」
なぜならダークマターにちゃんと別れを告げていない 半 端 な状態だから
誰もそんなことは言わないし、みんな仲良しだったけど
なんとなくそういう空気というか…夢の循環から、ちょっとだけ浮いていたんだ

そんな折に、ゼロ率いるダークマターがポップスターに侵略してきた
グーイは、ずっとカービィたちの役に立ちたかったし
故郷を裏切ることになっても、ポップスターを守りたいと思ったので
カービィと仲間たちの旅についていくことにしたんだ


…という脳内設定があって、


「後天的に得たカービィの性質」というのは
カービィに分けてもらっている状態、いわば分身みたいな感じ。

これは3のゲームシステムを元にした設定なので、

「カービィはカービィでひとりでも大丈夫だけど、
 グーイにはカービィがいないとやっていけない」という…

そんな腐向けにもとれる設定がいつの間にか成立していたのでした…


違うんだ、3をクリアしたら、
ハートスター(住民達の心の形として発現した星の力、根本的にはスターロッドと同じ)
の力によってグーイはポップスターに認められる(という妄想設定)ので
もう半端状態でもないし、ダークマターでもカービィの分身でもなく、
グーイ本人が市民権を得るんだ、きっと



ああ、また投稿時間さばよんじゃった

眠いので
テンションは高いけど
投げやり


Category:カービィ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

私はロリコンではない

2010.03.22 Mon
「Eversion」(Zaratustra Productions様)というフリーゲームをやってみました。
ジャンルは至って普通かつシンプルな横スクロールアクション。パズル要素もありますね。

一頭身の花のような主人公が、マリオ風の画面の中で、
ステージの途中にある宝石を集めながら、ゴールの旗を目指します。

このゲームの最大の特徴は、Evert(裏返す)で世界を切り替えながら進むこと。
切り替えると、雲が乗れるブロックになったり、通れなかった場所が通れるようになったり。

それと同時に、世界の雰囲気もガラッと変わります。

ウボァるんです。

…うん、レビューには「恐怖」って書いてあったし、
起動時に、「お子様や恐がりな方には不向きです」って(英語で)書いてあるし、
ウボァることは予想していました。

というか、それを期待したのでやったんですけどね!


普通の話はここまでにして、ここはレビューサイトではないですし、
個人的な感想を垂れ流してます
(以下追記、ネタバレあり)

Category:フリーゲーム | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

生存

2010.03.20 Sat
ブぅえっくしょいやっぷぃイ!ぷいーん!
い、生きてます…



カービィ妄想ノートが3冊目に突入しようとしている。
中身の大部分は文字だし、割と小さい字で詰めて書いてる。
自分でも、どんだけ好きなんだよwと思う。

紙じゃなくてパソコンで書いた方が速いとも思う。
だけどキーボード打ってるときは、手の速さが思考速度を超えがちなので、
後から見たとき、何言ってんだコイツ…ってなる



カービィの脳内設定がいろいろめんどくさいことになってて、

脳内正史(自分で納得のいくような解釈や考察。それなりに公式設定に従ってる…と思う)と
妄想設定(公式設定や考察と照らし合わせるとありえないと思う、趣味に走った設定)が
解離しすぎてたりとか。
しかも絶対に矛盾する部分と設定が被る部分とがあってややこしいなー、とか。

無駄に悩んでました。無駄すぎるw


いろいろ考えた結果、
「二次創作なんだし1から10まで全部語る必要はない」
ということにようやっと気付いた

気付くの遅すぎ…orz



Category:カービィ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。